【源泉徴収票】からは手取り年収が分からないって知ってますか?

投資・家計
スポンサーリンク
みやび
みやび

こんにちは、みやびです。
皆さんのところには「源泉徴収票」届きましたか?今日は「源泉徴収票」を受け取ったらぜひ確認して欲しい事をお伝えします。

スポンサーリンク

源泉徴収票だけでは「手取り年収」はわからない

年収はいくらですか?」「手取り年収はいくらですか?」と聞かれてすぐに答えられますか?わたしは答えられません・・・

皆さんのところには今年度の「源泉徴収票」は届きましたか?私は毎年、源泉徴収票が届くと必ず「手取り年収」を計算するようにしています。源泉徴収票だけでは自分の「手取り年収」は分からないんです!源泉徴収票を受け取ったら、大事な書類だからとすぐに仕舞っていませんか?源泉徴収票を準備して、ご自身の記載がどうなっているかチェックしてみてください。

下記は源泉徴収票のサンプルです。


「支払金額」は額面年収のことです。「年収はいくらですか?」の質問にはこの「支払金額」を答えればOKです。
「手取り年収はいくらですか?」との質問はどうでしょうか?源泉徴収票「支払金額」の右側にある「給与所得控除後の金額」を手取り年収だと思ってませんか?わたしはそう思ってました。違うんです!!!手取り年収は源泉徴収票から自分で計算しないと分からないのです。

源泉徴収票からの「手取り年収」計算方法

さっそく自分の「手取り年収」を確かめてみましょう!

【用意するもの】
●源泉徴収票
●今年の給与明細(一か月分があればOK)
みやび
みやび

「源泉徴収票」と「給与明細」を準備したら、さっそく「手取り年収」を計算してみましょう!

手取り年収は次のように計算して求めます。

【手取り年収の計算式】
手取り年収=額面年収(a)-所得税(b)-社会保険料(c)-住民税(d)

「源泉徴収票」からわかる金額
(a)「額面年収」⇒「支払金額」のこと
(b)「所得税」⇒「源泉徴収税額」のこと
(c)「社会保険料」⇒「社会保険料等の金額」のこと

「給与明細」からわかる金額
(d)「住民税」⇒給与明細から一か月分の住民税がわかるので12倍して1年分の「住民税」を計算
源泉徴収票からわかる(a)「額面年収」、(b)「所得税」、(c)「社会保険料」は下記のサンプル画像を参考にしてみてください。

これで計算すると自分の「手取り年収」がわかります。とても恥ずかしいのですが・・・わたしの今年の年収は約320万円。計算すると「手取り年収」は約235万円でした。

年収850万円だと「手取り年収」は約630万円程度になると思います。
(注意)みやび家は夫婦共働きです。私が夫の扶養に入っていないパターンです。またお住まいの地域で住民税に差があるので、あくまで目安としてくださいね。

こうして計算してみると「額面年収」と「手取り年収」には大きな違いがあることがわかると思います。年収が増えれば控除額も増えていくので、「手取り年収」を把握することは大切です。
「手取り年収」がわからないと、家計の見直しは出来ません!ぜひ皆さんも源泉徴収票を用意して「手取り年収」を計算してみてください!

みやび
みやび

いかがでしたか?
わたしが源泉徴収票から「手取り年収」は計算しないと分からない、と知ったのは5年以上前です。それ以降は毎年「手取り年収」を計算してます。夫の年収が増えても、控除額も増えているので「手取り年収」があんまり変わらない気がする・・・そう感じているのはわたしだけでしょうか?

応援クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

にほんブログ村参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング参加しています


投資・家計
miyabiをフォローする
スポンサーリンク
みやびママの富裕層への道

コメント

タイトルとURLをコピーしました